「水の循環系モデリングと利用システム」
第2回領域シンポジウム

科学技術振興機構の戦略的創造研究推進事業(CREST)の研究領域「水の循環系モデリングと利用システム」の領域シンポジウムが2005年11月10日コクヨホールで開催されました.14年度採択の計6チームの研究代表者による発表とポスターセッションが行われ,RAISEからは計5件のポスター発表がありました.

  
  • 北東アジア植生変遷域の水循環と生物・大気圏の相互作用の解明:RAISE Projectの概要
    -杉田倫明,浅沼順,鞠子茂,辻村真貴,陸旻皎,木村富士男,D. Azzaya, Ts. Adyasuren-   
  • Multidisciplinary measurements of eddy fluxes of CO2, H2O and energy over a montane larch forest and stipa steppe along the Kherlen River of Mongolia.
    -Sheng-Gong Li, Jun Asanuma, Ayumi Kotani, Michiaki Sugita-   
  • モンゴルにおける地球温暖化予測の力学的ダウンスケーリング
    -佐藤友徳,木村富士男,鬼頭昭雄-   
  • モンゴル国ヘルレン川の水文レジムと空間変動性
    -陸旻皎,上米良秀行-   
  • Validation and estimation of carbon cycle in a Mongolian grassland ecosystem under non-grazing condition using Sim-CYCLE.
    -Pilzae Lee, Gilzae Lee, Michiaki Sugita, and Takehisa Oikawa-




  • Back