要旨


エネルギーや水の陸面過程を研究する際のリモートセンシングや大気境界層観測の方法、観測結果を用いたモデリングや定量化の方法について、主に大学院修士課程の学生向けに講義する。この中で、モンゴルにおける集中観測で得られた観測結果を援用する。