要旨


衛星データと地表面熱収支モデルを併用して、モンゴルの半乾燥草原における地表面フラックス広域分布の推定に取り組んでいる。本研究における推定法は、熱収支式に代入するバルク式の諸パラメータの、熱赤外の衛星輝度温度による最適化に基づいている。予備的な結果から、最適化パラメータのうち、蒸発効率と土壌の熱慣性が、表層土壌の体積含水率と高い相関を示した。これは、乾燥・半乾燥域における表層土壌水分条件の広域分布を細かい時空間スケールで推定可能なことを示唆している。