要旨


地球上の熱帯〜中緯度地域にかけて発生する激しい対流性の降水は日周期に大きな発生周期のピークを持っている。このような降水の日変動成分は近年の人工衛星観測が充実することによって次第に明らかになっているが具体的がメカニズムについては不明な点が多い。本報は領域機構モデル(RAMS)を用いて2次元空間における山岳と降水との関係について調べた基礎的研究である。これにより日中に山麓から山頂に吹く山風によって輸送される水蒸気と基本場の風が降水の日変化を規定していることを示した。