要旨


北東アジアの乾燥気候形成に対して、チベット高原上の非断熱加熱が及ぼす影響を感度実験によって調べた.チベット高原は平均標高が4000mを越え,同じ高度の周囲の大気にくらべ非常に強く加熱されている.加熱の影響は,ロスビーモードと総観規模の風速場との相互作用によって,伝播の空間パターンが異なる.このことにより,チベット高原による熱的な影響は乾燥地域だけでなく東アジア地域の気候とも密接に関係していると思われる.