要旨


モンゴル東部において衛星による可視画像を統計解析し、夏の雲の出現パターンを調べた.山岳の周辺において明らかに頻度が高く,乾燥地域においても山岳による強制上昇や、熱的局地循環が雲の形成に重要であることが確認された.一方,湖面上や植生指標の高い領域では午後の雲の出現頻度は低い.赤外チャンネルを用いた合成解析によると,このような地域では地表面温度が低いことが分かり,その結果,周囲に比べて相対的に顕熱が小さいことが原因であると考えられる.