発表要旨


日本の中部・関東地方における夏期の降水量変動と対流圏下層の水蒸気量の関係について調べた。その結果、夕方から夜間に発達する対流性降水の発生には、局地循環による水蒸気変動が対流安定度の日変化に寄与しており、これが特徴的な降水日変化の原因であることが示唆された。 本研究では地上気象データ、降雨レーダー、GPSを用い、包括的な解析にメソスケールモデルを用いている。これは本プロジェクトで気候グループが調査を計画している項目と全く同じであり、さらに対象としている現象の水平・時間スケールも同じであるため、日本のような湿潤地域とモンゴルのような乾燥地域における流域スケールの水循環の違いを比較する上でも非常に重要な結果のひとつである。