要旨


中国北部〜モンゴルにおける乾燥地域は砂漠化だけでなく,エアロゾルを通じて地球温暖化とも密接に関係する重要な地域であるが,そもそも乾燥気候の形成メカニズムについて充分に解明されていない.本研究では気候モデルを用いた理想化実験により,原因の解明を試みた.その結果,乾燥地域の南側に位置するチベット高原が夏に加熱され,そのロスビー波応答の結果,乾燥地域で沈降流が卓越し総観規模擾乱などによる対流を抑制していることが分かった.