要旨


モンゴルや中国北部に広がる乾燥気候の形成メカニズムについて理想化した条件下での数値実験により調べた.その結果,暖候期のチベット高原上の顕熱・潜熱加熱が乾燥気候の形成に重要であることがわかった.また,高原上の加熱の影響は偏西風ジェットとの位置関係から,乾燥地域においては夏に最も強く現れることが分かった.