要旨


モンゴル共和国はアジア大陸の中央に位置し、国土の約75%、1560,000km2を草原が占めている。しかし、モンゴル高原の半乾燥草原においては、未だに炭素のプールであるバイオマス及びCO2フラックスの研究データが少ない。そこで、本研究ではモンゴルの草原において地上部バイオマスとCO2フラックスの季節変化についての調査を行った。